Welcome

不動産売却の流れを知ろう!

不動産売却を決心したら、不動産会社を探す前に相場を知ることから始めましょう。売却する不動産の周辺相場を知ることが大切です。相場を知っておくことで、不動産会社との話がスムーズに運びます。では家を売るときの流れ&売却手続きについて説明いたします。

相場を知ったら、いよいよ不動産会社の情報収集です。信頼できる不動産会社と出会うことが、満足いく不動産売却につながります。不動産会社との付き合いは、物件価格の査定を依頼するところから始まります。売却価格について多くの意見を聞くために、複数の会社に査定を依頼するのも良いでしょう。

不動産会社に売買の仲介を正式に依頼する場合に、媒介契約を結びます。売り出し価格は、その後の売却活動に大きな影響を与えます。不動産会社の査定価格、周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めることが大切です。

購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。交渉する条件は、価格だけとは限りません。その他の条件についても、譲れない点を事前に洗い出しておくと、交渉が順調に進みます。

物件に関する条件は、正確に購入希望者に伝えます。売買契約を結ぶ前に、きちんと情報提供しておくことが、無用なトラブルを避けるコツです。特に、物件の不具合や欠陥などは、誠実に購入希望者に伝えることが大切です。不具合や欠陥を伝えていないために、契約締結後にトラブルが起きることがあります。不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度があります。この制度に基づいて、不動産会社が詳細な物件説明を行います。不動産会社の物件調査に協力しましょう。

売買条件が合意に至ったら、買主との売買契約を結びます。売買契約締結時に、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金を受け取ることになります。

引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請を行います。抵当権抹消や所有権の移転等もこの時に行います。細かな設備や備品などの取り扱いについても、買主と一緒に現地立ち会いを行い、その際に十分に確認するようにしましょう。

引き渡した後は、税務申告をする必要があります。税務申告が終了して、不動産売却はようやく完了します。税務申告を忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です