Welcome

ナンパで女性の警戒心を解くには?

いきなり見ず知らずの人に声をかけるナンパでは女性に警戒されてしまうことも多いですよね。そこで今回はナンパをする時に女性に警戒されずに話をするためのポイントについて紹介します。

【ナンパで話しを聞いてもらいやすい身だしなみ】
ナンパをする人のイメージといえば圧倒的に“チャラい”というのが多いです。ホストのような服装や襟足などが長めの髪型などはいかにもナンパばかりして遊んでいそうな雰囲気を出しているので女性も鼻から相手にしてくれません。それよりも男性ファッション誌をお手本にしたような小奇麗な私服やスーツ姿のほうが好印象です。ただ、スーツを着ていてもワイシャツやネクタイが派手だったりすると逆効果。シンプルで清潔感があるファッションのほうが女性が警戒心を持ちにくいです。

【話しかける時はいきなりナンパしない】
ナンパする時にいきなり「何してるの?」「いっしょに飲まない?」と声をかけるのは微妙です。夏の海などナンパされて楽しみたいという雰囲気があるシーンならいいですが、街中でそれをすると女性に警戒され足も止めてもらえません。それよりも話しかける時は道を尋ねたり、お店の場所を聞くなどあくまでさりげなく話しかけ、女性が足を止めて会話に応じてくれたら「そのお店にちょっといっしょに飲みませんか?」と切り出します。いきなり誘うより話を聞いてもらえる確立は高まりますよ。

【ガツガツしすぎない】
ナンパの成功率を上げるにはとにかくガツガツ感をださないことです。ただでさえ知らない人に声をかけられ警戒しているのに飲みに行こう、遊びに行こう、連絡先教えてとパーソナルなところに踏み込むわけですからガツガツした様子が見えると話も聞いてもらえず鼻であしらわれます。

それよりも「もし時間があればいっしょにお茶でもどうですか?」と余裕を持って、断られても全然OKという空気感を出している人のほうがナンパの成功率が高まります。女性としては「嫌なら断っても大丈夫」「嫌ならNOと言える」と思える雰囲気である人のほうが不信感を感じにくく警戒心をときやすいです。母性本能と女ゴコロのくすぐり方も非常に大切ですのでうまく使い分けしましょう。

時にナンパをする男の人の中には「かわいいね、きれいだね」と女性をやたらと褒めればいいと思っている人がいますが、そのガツガツ感は女性の警戒心を強めるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です